1. ホーム >
  2. 増やす・備える >
  3. 投資信託 >
  4. リスクと種類

増やす・備える

投資信託

投資信託のしくみ  リスクと種類  費用・手数料・ご注意事項について  取扱商品一覧



投資信託のリスク

各ファンドのご購入にあたり、一般的に以下のリスクが伴います。
ご購入ファンドのリスクについては目論見書でご確認ください。

投資信託は値動きのある株式や債券などに投資しますので、投資信託の値段(基準価額)は株式、金利、為替などの動向や発行体の信用状況の変化等により変動します。したがって損失が生じ元本を割り込むことがあります。一般的に主なリスクには下記のものがあります。

価格変動リスク 投資信託が組み入れている株式等の価格は、国内外の政治・経済情勢・企業の業績、市場の需給等によって変動します。組み入れている株式等の価格が下落した場合にはファンドの基準価額が下がる要因となります。
金利変動リスク 金利の状況は絶えず変動しています。債券も償還前に売却される場合は金利変動の影響を受けます。概して残存期間が長い債券ほど金利変動の影響を受けます。一般的に、金利が上昇した場合には債券の価格は下落し、ファンドの基準価額が下がる要因となります。
信用リスク 組み入れた有価証券等の発行体にかかる信用リスクです。発行体の経営・財務状況やそれらの外部評価等により、利息や元本が支払われる可能性が高いことを「リスクが低い」、逆に支払われる可能性が低いことを「リスクが高い」といいます。一般的に、債務不履行が生じた場合または予想される場合には当該公社債等の価格は下落(価格がゼロになることもあります。)し、ファンドの基準価額が下がる要因となります。
為替リスク 円と外国通貨の交換レートは常に変動しています。外国の株式や債券などで運用する投資信託は基本的に為替リスクが伴います。外貨建証券が現地通貨建てでは値上がりしている場合でも、当該現地通貨の為替相場の対円での下落(円高)度合いによっては、当該証券の円ベース評価額が減価し、ファンドの基準価額および分配金に影響を与える要因になります。為替ヘッジをしていないファンドは、為替レートの変動が資産価値に影響します。
流動性リスク 有価証券等を売買する際、取引市場に十分な需要や供給がない場合など需給動向により希望する価格等で売買できなくなるリスクをいいます。一般的に、投資する有価証券等の流動性が損なわれた場合にはファンドの基準価額が下がる要因となります。

投資信託の種類

さまざまなタイプの投資信託をご用意しています

運用対象、地域による投資信託の種類

運用対象・地域 国内 海外
債券 国内債券型
主に国内の債券などに
投資するファンド
内外資産複合型
国内外および
複数の資産に
投資するファンド
海外債券型
主に海外の債券などに
投資するファンド
株式 国内株式型
主に国内の株式に
投資するファンド
海外株式型
主に海外の株式に
投資するファンド
不動産投資信託
(リート)
国内不動産投資信託
主に国内の不動産投資信託に
投資するファンド
海外不動産投資信託
主に海外の不動産投資信託に
投資するファンド

このページの先頭に戻る

  • かわしんインターネットバンキング

  • 個人のお客さま
  • 法人のお客さま